10月の読書メーター

10月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:964ページ
ナイス数:50ナイス

いっぺんさん (文春文庫)いっぺんさん (文春文庫)
ホラー&ファンタジー短篇集。最初の「いっぺんさん」と最後の「八十八姫」が特にいい。両方とも読んでて泣けてきた。
読了日:10月23日 著者:朱川 湊人
その後のツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)その後のツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)
「ツレがうつになりまして。」の続き。元気になってよかった。
読了日:10月16日 著者:細川 貂々
ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)
夫に急におそってきたうつ病との闘病生活を、深刻さをあまり感じさせずに描写していてサラっと読める。誰でもなる可能性のある「うつ病」についての勉強にもなった。
読了日:10月16日 著者:細川 貂々
ペンギン・ハイウェイペンギン・ハイウェイ
2010年日本SF大賞受賞作。京都を舞台にした大学生モノとは全然違うテイストでとてもいい。理屈っぽくてとても小学生とは思えないような少年と「お姉さん」の一夏の物語。ノスタルジックな風景と登場人物がいい味を出してる。
読了日:10月01日 著者:森見 登美彦

2011年10月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

[PR]

# by naoyan_R | 2011-11-13 14:30 | 読書  

9月のKGS戦績

9月は12局打って6勝6敗の五分
今月は宝酒造杯で生碁も打てたので、結構充実してた感じ。
[PR]

# by naoyan_R | 2011-10-01 23:10 | ネット碁会所  

9月の読書メーター

9月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:802ページ
ナイス数:51ナイス

塩の街 (角川文庫)塩の街 (角川文庫)
有川浩のデビュー作。まだ読んでなかったんだけど、他の作品をいろいろ読んでから読むと、有川作品の原点がここにある感じがする。
読了日:09月24日 著者:有川 浩
ハッピー・リタイアメント (幻冬舎文庫)ハッピー・リタイアメント (幻冬舎文庫)
いくら何でもこんな天下り先はないよ。リアリティに欠けるのが今ひとつ。キャラは結構いい感じなのでちょっと残念。
読了日:09月24日 著者:浅田 次郎

2011年9月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

[PR]

# by naoyan_R | 2011-10-01 23:03 | 読書  

宝酒造杯囲碁大会に行ってきた

宝酒造杯に参加してきた。
結果は、1勝3敗 + 1不戦勝

5局目の対局相手の人が先に帰ってしまって組み合わせできないと言われ、しょうがないのでそのまま帰ってきた。
4局で一つしか勝てないとか、ちょっと残念。

この大会、参加者が多いので2日間開催で、今日の級位者の参加が百数十人って言ってた。結構級位の囲碁愛好家っているんだね。

クイズラリーとかのイベントもあって、詰碁や利き酒の問題に全問正解して缶ハイボール2本もらってきた。弁当付きで、焼酎一本参加賞でもらえて、参加費のほぼ元が取れるおいしい大会なので、次回もまた参加したい。

スタッフの皆さんに感謝。
[PR]

# by naoyan_R | 2011-09-10 20:56 | 雑談  

宝酒造杯に参加

このところ、KGSでの対局も多くなってきて、たまには生碁を打ちたいと思い、9月10日(土)に開催される宝酒造杯の大会に参加することにして申し込んだ。無事対局カードも送られてきて、あとは遅れないように行くだけ。
この大会は、酒造会社主催だけあって、きき酒とかのイベントもあるらしいので、そっちの方も楽しみ。
[PR]

# by naoyan_R | 2011-09-01 22:01 | 雑談  

8月のKGS戦績

今月も61局対局。いっぱい打ったな〜。でも、24勝37敗と大きく負け越し。
連敗が痛かった。負け続けてる時に連戦するのはもうやめよう。
[PR]

# by naoyan_R | 2011-09-01 21:08 | ネット碁会所  

8月の読書メーター

8月の読書メーター
読んだ本の数:0冊
読んだページ数:0ページ
ナイス数:35ナイス

今月は一冊も読みきってない。


読書メーター

[PR]

# by naoyan_R | 2011-09-01 21:01 | 読書  

7月のKGS戦績

今月はいっぱい打ったな〜。53局打って24勝29敗と、ちょっと負け越したけどトントンってとこかな。
しばらく囲碁モードが続きそう。
ネット碁ばかり打ってると無性に生碁が打ちたくなってきて、碁会所デビューや大会に参加もしたいと思案中。
[PR]

# by naoyan_R | 2011-08-01 21:32 | ネット碁会所  

7月の読書メーター

7月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:3398ページ
ナイス数:112ナイス

県庁おもてなし課県庁おもてなし課
有川さんの郷土愛が感じられる。キャラもいいし、いつもの甘々は2カップルで。実体験がベースらしいけど、実在するお役所をこんなふうに書いてしまうのがすごい。
読了日:07月23日 著者:有川 浩
苦役列車苦役列車
どうしようもない人間のどうしようもない話。この話のどこがいいのか理解不能。芥川賞っていったい?
読了日:07月18日 著者:西村 賢太
ふちなしのかがみふちなしのかがみ
不思議な感じのホラー短篇集。「八月の天変地異」がよかった。「ふちなしのかがみ」が一番怖い。
読了日:07月09日 著者:辻村 深月
ブルータワーブルータワー
SFとしてのアイディアは面白かったけど、もう少し細部まで詰めてもらいたい感じ。
読了日:07月09日 著者:石田 衣良
夕映え天使 (新潮文庫)夕映え天使 (新潮文庫)
ちょっとノスタルジックな短篇集。「特別な一日」が良かった。
読了日:07月09日 著者:浅田次郎
陽だまりの彼女陽だまりの彼女
ちょっと不思議な甘い恋愛ファンタジー。ラストが切ないね。これはハッピーエンドなのか?
読了日:07月03日 著者:越谷 オサム
本日は、お日柄もよく本日は、お日柄もよく
スピーチライターのお話。結婚式のスピーチの話はとても良かったんだけど、中盤から政治の話になっちゃったのは今ひとつ残念。政治家は言葉を操るんじゃなくて中身で勝負してもらいたい。
読了日:07月03日 著者:原田 マハ
植物図鑑植物図鑑
有川浩全開のべた甘なお話。まあ行き倒れの男を拾うとか普通は有りえないけどね。野草の料理は美味しそうでよかった。
読了日:07月03日 著者:有川 浩
オルゴォルオルゴォル
普通の少年が鹿児島へオルゴールを届ける成長物語。戦争、原爆がモチーフになってて、今の日本を考えさせられる。
読了日:07月03日 著者:朱川 湊人
デンデラ (新潮文庫)デンデラ (新潮文庫)
熊と戦う姥捨て山に捨てられた老婆の物語、なんだけど婆さんたちが元気すぎ。
読了日:07月03日 著者:佐藤 友哉

読書メーター

[PR]

# by naoyan_R | 2011-08-01 21:23 | 読書  

6月の読書メーター

6月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:3169ページ

Fantasy Seller (新潮文庫)Fantasy Seller (新潮文庫)
「暗いバス」とかファンタジーじゃなくてホラーじゃないかという気がするけど。初めての作家さんにいろいろ出会えるこの○○セラーシリーズはいいね。
読了日:06月18日 著者:
本日、サービスデー本日、サービスデー
天使が出てきたり、幽霊が出てきたりのファンタジーとか、ブラックなミステリなどの短篇集。どの話もそれぞれ味があって面白かった。
読了日:06月15日 著者:朱川湊人
夢をかなえるゾウ 文庫版夢をかなえるゾウ 文庫版
自己啓発本にしては軽すぎるが、ガネーシャのキャラが何とも言えずいい味してる。こんな神様なら、一度会ってみたい。
読了日:06月14日 著者:水野敬也
たましくる―イタコ千歳のあやかし事件帖 (新潮文庫)たましくる―イタコ千歳のあやかし事件帖 (新潮文庫)
昭和初期の東北を舞台にした伝奇ミステリ。津軽弁がいい味をかもしだしてる。幽霊はほとんど絡まないまっとうなミステリーで楽しめた。
読了日:06月11日 著者:堀川 アサコ
地を這う魚 ひでおの青春日記 (角川文庫 あ 9-3)地を這う魚 ひでおの青春日記 (角川文庫 あ 9-3)
なんだかよくわからない混沌とした漫画。これが吾妻ひでおの味というものか。
読了日:06月11日 著者:吾妻 ひでお
神様のカルテ (小学館文庫)神様のカルテ (小学館文庫)
登場人物のキャラがいい感じ。地域医療の話や人の死に向き合う話などの重い物話を、あまり深刻にならずにそれでもきっちりと描いてあって面白く読めた。
読了日:06月09日 著者:夏川 草介
WILLWILL
MOMENTから7年後の森野のお話。葬儀にまつわる死者と登場人物の関わり合いが、日常ミステリーになってて、恋愛要素も。面白かった。
読了日:06月05日 著者:本多 孝好
Story Seller〈3〉 (新潮文庫)Story Seller〈3〉 (新潮文庫)
この本も中身が濃い。湊さん/楽園がいちおし。米澤さん/満願もよかった。有川さん/作家的一週間は冒頭で絶句、でも笑えた。
読了日:06月04日 著者:
MOMENTMOMENT
死を目前にして人は何を考えるのか?人は必ず死ぬけど「生きていることと、死んでいくことは違う」。重いテーマだけどそれを考えさせてくれる物語。
読了日:06月04日 著者:本多 孝好

読書メーター

[PR]

# by naoyan_R | 2011-07-02 08:43 | 読書